死後(葬送)サポート|NPO日本生前契約等決済機構|NPOりすシステム

0120-889-443

24時間いつでもご相談ください!

死後(葬送)サポート

死後サポートとは

死後サポートとは

死後の尊厳・人権を守るため、死後事務委任契約に基づき利用者に変わって死後に生じるさまざまな手続きや仕事、さらに生前意思に基づく供養、プレゼントなどの代行もします。

死後事務委任契約とは

人が亡くなると、亡くなった後の葬儀や火葬、納骨、年金・保険などの手続き、生活していた住まいの整理など、様々な手続きや仕事が必要となります。死後事務委任契約は、そのような死後に生じる様々な手続きを第三者であるりすシステムに委託する委任契約です。独り身で自分の死後のことを頼める人がいない、家族はいるが疎遠、あるいは迷惑をなるべくかけたくないなどの不安を解消することができます。

< 死後事務契約をすることのメリット >

  • (1)自分が亡くなった後、家族に迷惑をかけずに済む
  • (2)独身で亡くなった時のことを頼める人がない場合でも安心
  • (3)葬儀などの自分の希望を、生前に伝えることができる

主な死後事務の内容

りすシステムでは、死後事務を「基本型死後事務」と「自由選択型死後事務」に分けています。
基本型死後事務は、病院からの遺体の搬送や火葬といった、人が亡くなると必ずしなければならない最小限の「葬儀」を意味します。これ以外はすべてオプションで、してもしなくてもよいのです。例えば、「葬儀には友人・知人を呼び・花で飾った祭壇でおくってほしい」「暮らしていたアパートの後処理をして欲しい」など、自らのライフスタイルや価値観、死生観などに応じて自分で必要な事柄を決め、選ぶことができます。

基本型死後事務

人が亡くなると必ず必要になること。

  • 火 葬
  • 納 骨
  • 葬 儀
+

自由選択型死後事務

ライフスタイルや価値観に応じて自由に追加できること

  • 自分らしい葬儀
  • 電気・水道・ガス等の料金支払や解約手続き
  • 住んでいた場所の片付け、賃借の場合は返還事務、同居していた人に対する住み替えの支援
  • 保険・年金などの諸手続き
  • クレジットカードなど各種カード類の解約、返還手続き
  • 個人情報(パソコン、携帯電話等)の消去、破棄
  • ペットなど故人が愛用したものや情報の処分
  • 祭祀財産の処理(墓、仏壇の管理や処分なども含む)
  • 死後でもお世話になった方へのお祝いや香典などの社会参加の代理・代行
  • その他

死後事務契約の流れ

死後事務生前契約利用の申し込みから利用までの流れは以下のとおりになります。死後事務生前契約利用の申し込みの際には、受託者であるりすシステムの仕事を確認する日本生前契約等決済機構への遺言執行委託の申し込み等が必要となります。契約者の「死」によって遺言の効力が発生し、葬儀や死後事務のサービスを行うのはりすシステムですが、支払責任は決済機構になります。
決済機構が遺言執行し、ご本人の準備した原資を換金のうえりすシステムへ支払いをします。その際、実行内容や請求金額を十分精査し、生前意思に添うものか否かを判断します。万一不十分な疑いがあれば各専門家による調査を行い、契約履行の完全性をうながし、是正されなければ支払わないことも可能な仕組みとなっています。

< 死後事務契約の一般的な流れ >

りすシステムからの詳細な説明

ご不明な点、ご不安な点など納得のいくまで確認することが大切です

りすシステムへ死後事務生前契約利用の申込み 日本生前契約等決済機構へ遺言執行委託の申込み
生前契約基本契約、基本型死後事務委託契約などについての打ち合わせ 必要な費用(原資)の準備
遺言公正証書を公証人役場で作成
契約の成立

24時間の緊急通報の電話番号を記したカードをお渡しします。
万一の緊急時にはそこへ連絡をするように関係者に伝えておくことも必要です



万が一の事態が発生したらカード記載の番号へ電話
生前に定められた方法・手順に従い、サービスを開始
決済機構からの支払いとご報告

死後事務委託契約締結時、報告書の提出先を予め決めておきます。
基本的に死後一年以内に指定の人や機関に報告書を提出します。

死後事務委任契約および利用にかかるお金は?

< 死後事務(基本型のみ)ご利用のケース >

>> 具体的にはこちらをご覧ください。
資料請求はこちらから
PAGE TOP